カウンセリング

心療内科での治療

もしもうつ病の症状が現れた際には、すぐに心療内科や精神科にかかり専門医の診察を受けるべきです。早期治療により仕事への影響も少なくなるため、会社を辞める必要や長期休養の必要がなくなる可能性も高まるためです。

医師

療養中に配慮したいこと

半月たっても気分が晴れず、無気力な状態が続く時は病院で診察を受けるなど、うつ病を放置しないようにしましょう。そして、入院や自宅療養を行う場合は、職務や用事のことを心から切り離し、頭もあまり使わずに過ごすのが大切です。

こんな人は要注意

ナース

なりやすい性格

うつ病は現在の日本において社会問題となっていると言っても良いくらい多くの人が悩まされている病気です。現代は昔といろいろなことが大きく変わり、社会人だけではなく、学生など比較的若い人も日々ストレスと隣り合わせで生活しています。誰がうつ病を発症してもおかしくない環境にあると言っても過言ではありません。うつ病はせいしんてきな病気ですから、その人の性格によってかかりやすさ、かかりにくさが大きく左右されます特にうつ病を発症しやすいと言われる人には共通する特徴が存在します。うつ病になりやすい人は普通の人と比べるととても生真面目な性格であるという人が多いです。生真面目な人は仕事においても学業においても自分自身で高い目標を立てて、そこに向かって一生懸命目標を達成しようとする人が多いです。仕事や学業においても息抜きは必要ですが、生真面目な人は息抜きは怠けていると感じ、息抜きをしようとはしません。そして高い目標を立てているため、人から見れば十分成果を上げているのに、少しでもダメなところがあると自分を責めます。普通の人よりもストレスをとても溜めやすい性格だと言えるでしょう。自慰し過剰な人もうつ病になりやすい人の特徴の一つといえます。自意識過剰な人は常にだれかに見られているような感覚を持っています、自意識過剰が良い方向に進むこともありますが、常にだれかに見られている感覚を持ち続けているというのは落ち着く暇がないようなものです。精神的に疲れていると、見られていると感じるだけではなく、周りの人の話し声などが全部自分に対しての悪口に聞こえてきて、大きなストレスを溜めるようになります。やがて精神的に落ち込んだ状態が続くようになるのです。言いたいことが言えずに自分の感情を自分で抑え込むような人も注意が必要です。自分の感情を表に出して表現するという事は大きなストレス発散にもなります。しかし、それは時には伝える相手にとっては大きな負担を強いることにもなります。感情を自分の中に抑える人は自分の感情によって相手が不快感を与えることを極端に嫌います。ですからとても辛いことがあっても自分んが我慢すれば大丈夫という意識が強くなり、本当の感情を出せずに自分の中で消化します。自分の感情が素直に出せない人は基本的に相手の言動や行動に合わせることが多いです。確かに周りに合わせて行動していれば物事はスムーズに進みますが、自分自身の中にはストレスがたくさん溜まるようになります。ストレスはうつ病を発症する大きな引き金になることは言うまでもありません。

婦人

メンタルに関する知識

うつ病は、心の病ではなく、脳の病気ですので、外面的にわかりにくい病気です。体調が悪い、仕事でミスが増えたという場合は、早めに専門医の診察を受けることが必要です。周囲の人間も、様子がおかしいと感じたらアドバイスする必要があります。

病院

ベストな医師探しの為に

自分が安心して通える病院探しにはいくつかのポイントがあります。うつ病の場合、通院が億劫になってしまうこともあるため、通いやすい病院であることや、ネット予約を導入しているなど、予約が取りやすい病院であるというのは重要なポイントです。