医者

心療内科での治療

カウンセリング

心療内科にかかるメリット

うつ病を治療するためには、精神科や心療内科などの専門知識を持った医師の力が不可欠です。しかし、うつ病をはじめとする精神病患者の多くは自覚を持たなかったり、あるいは自覚していても周囲に病気であることを隠そうとしたりします。そのため、家族や周囲の方への相談もできず、一人で悩みを抱えたまま過ごしてしまいます。その結果、症状の悪化を招くケースも少なくありません。自分や家族にうつ病と思われる症状がみられる場合には、すぐに専門医の診察を受けることをお勧めします。初期段階から治療を行うことで症状の悪化を防ぎ、完治までの期間を短くすることができる可能性が高まるためです。日常生活への影響や治療費などの点からも早期の治療を行うことをお勧めします。尚、専門医にかかる際には、家族を同伴することも良いでしょう。治療方針や病状などの説明を受けることができるためです。うつ病の治療は、患者本人だけでは難しく、医師の力も必要です。さらに家族や周囲の方々からの理解や支援がなければ残念ながら完治するまでは遠い道のりになることでしょう。うつ病は決して患者本人の心の弱さだけからくるものではありません。周囲からの様々な影響により発症するものであり、治療にもまた周囲の支えが必要不可欠なのです。患者を支えるための具体例としては、ゆっくりと心と体を休ませるための環境づくりや悩みを気軽に打ち明けることができる場を作ることなど、患者の精神に余裕を持たせるための「逃げ場」のようなものを作る必要があります。そのために家族で話し合ったり、会社であれば仕事を休ませたりするなどの処置が必要になることもあるでしょう。また、患者の容体によっては入院措置を取る必要がある場合もあります。その際、仕事を長期間休むことになるかもしれませんが、休養を終えた時に会社に戻ることができるような環境であるとか、休養中もある程度の収入を得ることができるような措置を取る必要があります。うつ病患者の中には自分が仕事を休むことで収入が途絶えることや、周囲へ迷惑をかけることを気に病み、病気を打ち明けることができないまま仕事を続ける方が少なくありません。うつ病の症状を抱えたまま過ごすうちに症状がどんどん悪化し、最悪の事態を招く可能性もないとは言い切れません。うつ病の症状が見られた場合にはすぐに専門医へ相談べきです。医師からうつ病の診断を受けたならばすぐに会社へ報告を行い、今後についてよく話し合う必要があります。うつ病の初期段階であれば長い休養を取る必要がない場合が多いため、仕事へ復帰することも難しくないでしょう。失職による経済的な困窮などを防ぐためにも早めに心療内科を受診すべきです。